Gifts inspired by Wordsworth

Lake District Panorama

£5.00
Buy now
Descriptive text

ワーズワース博物館&美術館

「英国における文学と美術 -- わが国が世界に誇る文化のひとつである -- の統合において、ワーズワース・トラストの果たした業績ほど注目に値するものはない」

ロバート・ハーディング、ブリティッシュ・アート・
ジャーナル記者(2004年秋号)

ワーズワース博物館の礎を築いたのは、桂冠詩人ジョン・メースフィールドでした。1936年、ダヴ・コテージ向いの納屋を改築したのがはじまりです。1950年には、コテージにほど近い鍛冶場を改築して、ワーズワース所蔵の書物や手書き原稿などが納められました。さらに1981年には、収蔵コレクションの増大にともなって、現在地に新しくより広いグラスミア・アンド・ワーズワース博物館が建設されました。それは、ダヴ・コテージの庭園に隣接する2階建ての馬車置き場を改築したものでした。(挿絵をご参照ください。)

現在、英国ロマン派のセンターとして衆目の認めるワーズワース・トラストでは、ワーズワースにまつわる書物や彼の手書き原稿、数多くの絵画や水彩画、肖像画などロマン派屈指の珠玉の名品の数々を収蔵・公開し、その品質や文化的価値などを広く知っていただけるよう万全を期しております。

また、当博物館では年間を通じ、様々な文化的テーマに基づく展覧会を随時開催しています。これらの企画展はすべて、まず第一に、当トラストの収蔵品に対する皆様の理解向上を目指して運営されています。さらに、あまり知られていない所蔵品に触れていただく機会とするとともに、よりよく知られた所蔵品への新鮮なアプローチも念頭に入れて取り組んでいます。そのため、他の主要機関からの作品貸与によるコラボレーションなども行っており、充実した展覧会となっています。

Wordsworth Museum & Gallery

Wordsworth Museum & Gallery